みんなのブログ

2020/12/28

2020年を振り返って

カテゴリー:

2020年がたいへんな年だったことは間違いありません。2月の、コロナがまだそれほどでもなかったときにひどい風邪をひき、しかもひきはじめのときに98歳の叔母をホームに見舞いにいってうつしてしまい、かなり心配をしたりもしました。でも、私はこの一年、「注意」はしても「不安」は拒否することに努めたつもりでした。

1980年代の後半にエイズ予防の仕事に取り組みながら、自分自身がエイズ恐怖症に心を捕われて、ずいぶんともったいない時間を過ごしてしまったという思いがあるからです。

ブラジルのファヴェーラで、結構な時間をかけてエイズのもたらすメッセージの真髄に出会いました。「人生は決して先延ばしにしてはいけない。いつ終わってしまうかなんて誰も知らないんだから」というメッセージに、30代の前半で出会ったことは人生最大のプレゼントだったかもしれません。

♪いま〜、この世に命を受け〜

わらーう、泣く、歌う

一度だけの人生〜

だって〜、必ず終わってしまうから

私だけが生きる、私の

私だけの人生♪ (”É a vida”のメロディで)

そんな替え歌を作って、ことあるごとに口ずさんできました。去年も、何回かこれを心に歌いました。おかげで「2020年も、何も先延ばしにしないで、結構充実していたなあ」って思える気がします。CRIにとっては、モンチアズールへの緊急支援の活動が始まり、ブラジルの仲間とも頻繁に連絡をとる充実した年となりました。

ネットで気軽にブラジルやヨーロッパと繋がれるようになって、時差も気にせず入ってくる国際会議やミーティングに出まくりです。充実し過ぎで、ちょっと過労気味。ときどき思うんです。2月に風邪引いてたときは世界も止まっていてよかったなあ、って。コラ! 不謹慎、と自分をたしなめているところです。

2020/12/21

チャリティーヨガ 緊急食糧援助を届けました!

9月26日に開催した2回目のチャリティーヨガ。

送金準備がようやく整い(海外送金って、ほんとうに大変…!)
総額35万円をモンチアズール・コミュニティ協会へ寄付することができました。

前回は毛布1000枚を、今回は食糧援助ということで
お米や豆、スパゲッティ、油、砂糖などに加え石鹸や洗剤、歯磨き粉などをセットにした物資を140世帯分購入し、配布しました。

ヨガインストラクターで元モンチアズールのボランティアでもあるYukinaが今回も現地へ行き、配布作業に参加してきてくれました。

「ファヴェーラの中にも貧富の差があった。」

「貧困の中の、さらなる貧困。」

「貧しい家が立ち並ぶ地域であっても、電気水道ガスがある家と無い家とがはっきり線引きされていた。」

ショックはけっこう大きかったみたいです。

まだまだ支援は必要みたいです…。
そこで、次回のイベントを企画しました。

チャリティーヨガ第3弾のお知らせ!!!

年明けの2021年1月23日(土)夜8時から開催します!

ヨガがはじめて、という方も楽しめる内容ですので、ご安心を!

ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください♡

それでは、チャリティーヨガでお会いしましょう!!!

2020/12/12

12月のアドベントの寒い朝

カテゴリー:

登校時のスイス・バーゼルシュタイナー学校にて

今朝、娘をバーゼル市内の閑静な住宅街の丘にある学校に送りに行きました。朝7時半は氷点下であたりは真っ暗です。 アドベント(キリスト降臨節)週間が始まってから、毎朝クラスごとに入り口ホールでアドベントの合唱が行われています。 その中を沢山の小さな子どもたちが登校してきます。 うちの娘は500人ぐらいの全校生徒の中で多分数人しかいないアジア系です。 でもそこにはそのアジア系を差別する空気は感じません。寒くて暗い朝のホールにはキャンドルの灯りとともに子どもたちの歌声が響き、神聖とも感じる空気で満たされています。

子ども一人一人の教育は親が中心であることは間違いありません。しかし人種差別的な意識が薄い、シュタイナー学校にあえて子どもを送る親たちが集まる学校、人間的・精神的教育を目指している学校があるということは、この社会に大きな希望を紡ぐのではないかと感じました。

だから、シュタイナー教育という一つの世界が百年前の出来た当時に留まっては行けないと思うのです。このシュタイナー教育という、世界に根付いた大きな可能性を時代に合わせた人間教育に改善していかないと、現代の政治、経済勢力に飲み込まれていってしまう、その時この無垢の子どもたちは知らず知らずに現代システムの型に組み込まれていってしまう。 今朝、子どもたちの顔をみながら合唱を聞いていて感傷的に想い耽ていました。